キッチンの基本スタイル|【はりまの家】

播磨エリア注文住宅 はりまの家 TOPイエティ

自分らしいキッチンづくり ~キッチンの基本スタイル

はりまの家編集部
2021.02.25

時代と共に変化を続ける家づくりの中でも、

キッチンは暮らしの中での位置付けやデザイン、

機能性など大きな変化を遂げています。

現在のトレンドは、

「料理を楽しむ」「家族との会話を楽しむ」

「住まいに合ったデザイン」「使い勝手のいい収納」など、

こだわりを明確に現したキッチンづくり。

そして、理想のキッチンづくりのために

まず押さえておきたいのが、キッチンの基本スタイルです。

 

『オープンスタイル』

キッチンに仕切り壁がなく

LDKが大きな一体空間になっているのが特徴。

開放感もあり、キッチンから部屋全体が見渡せることもメリットです。

 

『セミオープンスタイル』

はりまの家の取材で伺ったお宅でも採用例が多い、

一部に仕切り壁を設けたタイプ。

適度の目隠しでキッチン内の生活感をある程度隠しながら、

リビング側とコミュニケーションもとれることが最大の特徴です。

 

『アイランド』

オープンスタイルのひとつで、

LDKをよりスタイリッシュに演出できるインテリア性の高さが人気。

キッチンの周囲を自在に行き来できるので、

キッチンを囲んで大人数でにぎやかに料理を楽しむこともできます。

 

『クローズスタイル』

壁で仕切ることでキッチンが独立した空間に。

リビング側からは生活感を一切見えなくすることが可能で、

雰囲気をがらっと変えたり、とことん機能性を求めたりすることができます。

 





>記事一覧に戻る

関連記事

はりまの家twitter
はりまの家インスタ

住まいる専家 第2・第4土曜日発行