家づくりの失敗&後悔~コンセントスイッチ編1~|【はりまの家】

播磨エリア注文住宅 はりまの家 TOPイエティ

家づくりの失敗&後悔~コンセントスイッチ編1~

はりまの家編集部
2020.12.01

家族により異なる、

最適なコンセント・スイッチ位置

 

プラン段階では、

要望などのヒアリングを踏まえて照明やスイッチの位置、

コンセントの位置を示した〝電気図〟を作成し

確認することができますが、

やはり図面上で見るだけではわかりにくいもの。

実際に暮らし始めてみると、

「家具を置いたらコンセントが…」、

「照明をつけるのにいちいち…」など、

さまざまな問題が発生しているようです。

 

スマホをはじめ、お掃除ロボットや

コードレスのスティック式掃除機など

充電が必要なアイテムや、

取材でも見かける機会が増えた空気清浄機など、

住まいで使用される電化製品は増加の一途。

キッチン家電も多様化し、

電子レンジのようにその用途や機能によって

本体サイズが大きく異なるアイテムがあるなど、

どんなサイズの家電をどれだけ使うかによって

コンセントの配置も変わってくるはずです。

さらには〝間取り編〟の中でもあった、

家具のサイズや配置もコンセント位置を決める大きな要素に。

 

また、暗いからこそ必要な照明なのに、

点けるときや点けたあとに

暗闇をうろうろすることがないようにするためには、

やはり動線を考慮したうえで

スイッチの取り付け位置を決めることが大切です。

自分たち家族にとっての最善のコンセントの数や配置、

照明スイッチの位置とは…。

            コンセントスイッチ編2へ

 



>記事一覧に戻る

関連記事

はりまの家twitter
はりまの家インスタ

住まいる専家 第2・第4土曜日発行