失敗しないためのコンセント・スイッチの配置とは?! プロにインタビュー|【はりまの家】

播磨エリア注文住宅 はりまの家 TOPイエティ

失敗しないためのコンセント・スイッチの配置とは?! プロにインタビュー その1

はりまの家編集部
2021.01.29

空間ごとに、将来も想定して配置

スイッチの機能性も活用して…

 

まず、コンセント配置に失敗しないためには、

例えばリビングではテレビやオーディオ機器などの

必須アイテムをどこに置くか…等

各空間ごとに分けて何をどの位置で使うかを

想定する必要があります。

ほかにもコンセントが必要な電化製品はないか、

キッチンでは既存の家電を

基に何をどこに置くかを決めたうえで

余分にコンセントを設けておけば、

将来家電が増えたとしても安心です。

また、最近では充電式の掃除機が増えていますので、

この場合は収納場所(=充電場所)を事前に決めておくべきです。

Wi-Fiルーターも今や必須アイテムのひとつですが、

これもどこに置くのか。

パソコン周辺なのか、目立たない所に収納してしまうのか…。

ちなみに当社では、空間も広くメンテナンスもしやすい

ユニットバスの天井裏に設置して、隠すようにしています。

 

次にスイッチの配置ですが、これには動線を考慮することが重要です。

中でも、最近のLDKは廊下の役割も兼ねるような

オープンな空間にすることが多いので、

どこからでも入り切りができるように、

人の動きに合わせて3回路、4回路のスイッチを設けておくと

不便を感じることはないと思います。

また、荷物を持っていることが想定される場所では

センサースイッチを採用したり、

「とったらリモコン」のような機能的なスイッチも知っておくと、

より失敗のないプランが描けるはずです。

 

ー記事インタビュー:ハヤシ工務店 代表取締役 林 勝也さんー

 



>記事一覧に戻る

関連記事

はりまの家twitter
はりまの家インスタ

住まいる専家 第2・第4土曜日発行