失敗しないためのコンセント・スイッチの配置とは?! プロにインタビュー|【はりまの家】

播磨エリア注文住宅 はりまの家 TOPイエティ

失敗しないためのコンセント・スイッチの配置とは?! プロにインタビュー その2

はりまの家編集部
2021.02.17

置く物や動線をプラン時に想定。

デザインもこだわりをもって…

 

失敗なくコンセント位置を決めるには、

事前に家具や電化製品を決め、プランニングの段階で

デザインやサイズを把握して設置位置まで決めるのがベストです。

…しかし現実の家づくりでは、

設計段階で最終的な家具まで決めるのは難しいはずです。

そこで当社では、間取りプラン時にソファやTVボード、

キャビネットやフロアタイプの照明器具など、

置くもの、置きたいと思っているものを

ヒアリングして図面に記載し、配置やサイズ感の確認を行います。

キッチンでも同様に、何をどこに置くかを聞き取り、

それに合わせたコンセント位置をご提案しています。

対面式のオープンキッチンの場合も、

腰壁を造作することでキッチン側なら

スパイスラックなどを設けてその中にコンセントを設置し、

ダイニング側には腰壁を利用してコンセントを設置しておけば、

様々なケースに対応できます。

 

スイッチの位置は、やはり点けたいときに近くにあることが大切。

玄関や居室のスイッチは、入ってすぐ手が届く範囲に。

廊下の照明スイッチは各居室の入り口付近にも付けておくと便利だと思います。

最後に触れておきたいのがデザイン性です。

照明器具はもちろんなんですが、コンセントやスイッチにも

豊富なパターンがありますので、室内の統一感を出すためにも、

住まいの雰囲気に合ったデザインのコンセント・スイッチを

選ばれることをオススメします。



ー記事インタビュー:BinO播磨(株)中塚組 照明コーディネーター 網代 奏咲さんー

 



>記事一覧に戻る

関連記事

はりまの家twitter
はりまの家インスタ

住まいる専家 第2・第4土曜日発行