〒670-0974 姫路市飯田3丁目116|自然素材で仕上げた住まいで、毎日を楽しく豊かに暮らす

播磨エリア注文住宅 はりまの家 TOPイエティ

播磨エリア(姫路市、加古川市、明石市、たつの市 など)のモデルハウス・ショールームに行く

株式会社 アイスタイル

飯田スタジオ

モデルハウス|リビング

モデルハウス|リビング

DATA

価格:-

タイプ:洋風 シンプルモダン デザイナーズ

構造:木造軸組

間取り:4LDK

施工会社:株式会社 アイスタイル

施工期間:-

敷地面積:109.45坪(361.86㎡)

延床面積:52.8坪(174.57㎡)

MAKER POINT

メーカーポイント

自然素材で仕上げた住まいで、毎日を楽しく豊かに暮らす

暮らしにフォーカスした家づくりを信条とし、ライフサイクル(生涯)コストの観点から目に見えなくなる断熱材もしっかり吟味し、機械に頼りすぎなくても一年中心地良い『地域最高値の温熱環境』で、快適な大空間を提供しています。その家づくりの中で、日常を楽しみ、豊かに暮らすためのプランづくりを大切にしています。健康を害さないことを前提とした建物では自然素材を多用しています。それは「自然に近い心地いい環境が、豊かな心を育む」という思いから。将来メンテナンスまで考慮に入れたプラン提案は、常に10年先、20年先の暮らしを見据えたものです。
勉強会で家づくりを学び、見学会で家づくりに触れることを重視しております。まずは、その家づくりにかける想いを感じてみてください。

CONCEPT

未来を担う子ども達へ・・・何気ない暮らしの中でおじいさん・おばあさんから日本人が大切にしてきた思いやりや感謝の心、日本の四季を楽しむ先人の知恵等がさりげなく引き継がれていく良き時代の日本を想い…『ライフサイクル(生涯)コストの観点から、ひとつひとつ建材を吟味したLONG LIFE DESIGNの家』のハードと『水廻り共有の2世帯住宅』の暮らしをより上質でより豊かにする設計コンセプトを融合させ、『未来へ紡ぐ家』をチームアイスタイルが魂を込めて造り上げました。(※ 単世帯の方にも楽しんでいただけるように創意工夫した設計になっております。)

施工例

街並みに馴染み、愛着を持てる美しいデザイン

街並みや自然環境になじみ、飽きのこないデザイン、その美しさには理由があります。日本建築の美しさを構成する8大要素を採り入れ、住み続けても飽きのこない住まいをつくり、街にあなたの住まいを資産として残すことで、未来を担う子ども達に本当の心の豊かさをお届けしたいと考えています。

施工例画像

家族の絆を深める開放的な大空間

最近の住宅は、家族の共有スペースより各個人の『個室』を優先させる傾向にあるため、小さな個室がたくさんある閉鎖的な居住空間になってしまっています。アイスタイルのオープンプランニングの最大の魅力は開放感です。広々とした空間に居る心地良さと、いつでも家族の気配、そして温かさを感じられ、暮らしのすべてを楽しめる空間を実現しています。
冬には、薪ストーブの炎が家族の絆を暖かく包み込んでくれます。

施工例

個々のアイデンティティを高め、家族の絆が深まるグレートルーム

『グレートルーム』は大きなテーブル(グレートテーブル)を中心に従来の『リビング』『ダイニング』が持つ家族みんなでくつろぐ、遊ぶ、食事するといった空間の要素を合わせ持つ、広々としたスペースの一体感が嬉しい空間です。お客様を招いてのパーティー、家族がごく自然に集まれるコミニュケーションスペースとして、『グレートルーム』を中心に用途に合わせてフレキシブルに応えられる魅力があります。
『リビング・ダイニング・キッチン』と用途を決めてスペースを分けてしまう事によって窮屈になってしまう間取りを広く有効に活用する事が出来ます。

施工例

庭を室内に取り込む内外部一体設計 ~ガーデン設計室 GABA~

中庭を囲むようにDK、ライブラリーコーナー、離れを配置。プライベートな庭である中庭を囲んで、それぞれの空間で互いに異なる時間を過ごしながらも、中庭を共有することで家族がつながります。

モデルハウス・ショールームへ行く

場所

〒670-0974 姫路市飯田3丁目116

定休日

電話

0120-66-4190

駐車場

有り
備考 営業時間:9:00~18:00
定休日:毎週 水曜日、第2・4週 木曜日

「株式会社 アイスタイル」の情報一覧

この会社の他のモデルハウスを見る

モデルルーム110

この会社の施工事例を見る

施工事例842

施工事例843

施工事例1094

施工事例1235

施工事例1274

施工事例1275

施工事例1276

はりまの家twitter
はりまの家インスタ

住まいる専家 第2・第4土曜日発行